MOTPHONEスマートフォン

MOT PHONEとは

スマホがある場所がオフィスになる!! それがMOT PHONEなのです!!

オフィスの中で内線を使うように、スマートフォンをビジネスフォンの内線として使えますので、オフィスに電話がかかってきたときに、スマートフォンを内線で呼び出せば、外出先でも内線を受けることができます。

全国どこにいてもオフィスへの電話はすべてキャッチ!

MOT PHONEを利用するにはMOT PBXの導入が必要ですが、電話回線を必要としませんので、従来のような配線のわずらわしさから開放されます。

全国各地の事業所をMOT PBXで結んでしまえば、事業所間の電話連絡を内線として行うことができますので、全国どこでも同じように電話への対応が可能になります。

もちろん、MOT PHONEをお使いになれば、外出先で全国どこの事業所に掛かってきた電話への対応も可能になりますので、業務の効率化が進みます。

MOT便

MOT PHONEには便利なサービスが用意されています。

標準で対応しているCTIシステムを利用すれば、パソコンの画面に表示された情報を元に電話応対が可能です。

HOT LINE着信では、掛かってくる電話の着信先を自動的に選択することができます。

テレビ電話サービスでは、音声による通話に加えて、映像を確認しながらの通話が実現します。

MOT Cloudサービスを導入すると、インターネットに接続するだけで、業務用アプリケーションを使用できます。

MOT名刺サービスは名刺の管理を円滑化のために、MOT Cloudと連携しており、名刺データの共有ができます。

CTIシステム

CTIシステムに標準で対応していますので、簡単に利用することができます。

パソコンの画面上に表示された情報を見ながらの対応が可能になります。

相手の情報が分かる

MOT PBXは、CTIシステムに対応しています。

CTIシステムというのは、電話が掛かってきたときに、パソコンの画面上にその相手の情報が表示されるシステムのことです。

コールセンターでの利用が一般的です。

お客様の名前などのほかに、購入履歴などの顧客情報が表示されます。

データベース化された顧客情報を参照して、電話の相手にあわせた対応を可能にするシステムとして普及しています。

ポップアップで表示される

MOT PBXでは、顧客情報が画面上にポップアップされて表示されます。

相手側の情報だけでなく、自社側の情報、すなわち、応対者や前回対応時間なども表示されるようになっています。

また、電話を転送したときには、画面上の情報も一緒に転送されますので、転送先に同じ情報が表示されます。

HOT LINE着信

HOT LINEで着信先を選択

MOT PBXの便利な機能の一つに、着信先を自動的に選択する機能があります。

3つのタイプから一つを選択して設定することになります。

オフィスの着信状況から、どの設定を選べばよいか選択することになります。

着信先を選択

MOT PBXには、自動的に着信先を選択する機能が備わっています。

着信先を自動で選定するこの機能のことをHOT LINE着信といいます。

着信先の選択に関しては、三つのタイプから選ぶことになります。

前回通話着信

一つ目は、前回の着信先から、自動的に同じ着信先を選択するタイプです。

前回通話した担当者が自動的に選択されます。

担当者自動設定

二つ目は、担当者を自動的に判定するタイプです。

一週間の着信履歴から、どの担当者に着信させるのが最適なのかを判断して、着信先を選ぶことになります。

担当者固定指定

三つ目は、決められた担当者に着信させるタイプです。

電話をかけてきた相手の電話番号で着信先を選択するものです。

テレビ電話

MOT PBXはテレビ電話に対応しています。

ですので、電話による音声での通話に加えて、映像を見ながらの通話が可能になっています。

通話相手の顔や状況を見ながら、あるいは、こちらの顔や状況を見せながらの通話によって、音声だけでは伝わらない情報を伝えることができます。

スマートフォンでもテレビ電話

MOT PBXは音声での通話に加えて、映像を見ながらの通話をすることができます。

この機能は、MOT PHONEにも対応していますので、スマートフォンがあれば、外出先でテレビ電話をすることも可能になっています。

セキュリティ対策として

また、テレビ電話機能を使えば、カメラドアフォンとして利用できるようになりますので、用途が広がります。

来訪者を映像で確認できますので、セキュリティ対策としてもお勧めです。

IPカメラと連動させる

MOT PBXはIPカメラに連動させることができます。

防犯カメラとしての利用や遠くてなかなか行けない場所の状況を確認することができるようになります。

映像は、スマートフォンで見ることもできます。

MOT Cloud

MOT PBXのオプションには、MOT Cloudサービスがあります。

MOT Cloudによって、インターネット接続環境さえあれば、各種業務用アプリケーションを利用することができます。

MOT Cloudを導入すると?

普通なら、業務に必要なアプリケーションソフトをその都度購入しなければいけませんが、MOT Cloudを導入すれば、そのコストが必要なくなります。

また、アプリケーションのバージョンアップなどへの対応も迫られますが、MOT Cloudでは、そのような面倒な作業も発生しません。

ユーザーはただMOT Cloudを利用するだけで、データベースの構築を行うことができます。

電話対応を効率化

電話での対応の内容を登録すれば、それまでの対応内容を記録できますので、その内容を参照しながらの電話対応が可能になります。

そして、MOT PBXと連携させると、顧客のデータの管理と着信の管理を同時に行えるようになりますので、、電話対応を効率化することができます。

MOT名刺

スマートフォン用のアプリケーション・MOT名刺をMOT PBXと連携させると、手軽に名刺を管理できるようになります。

MOT CLOUD上にアップロードされた名刺の写真が自動的に文字データとして変換、蓄積されていきます。

MOT名刺とは

MOT名刺は、名刺を手軽に管理するためのスマートフォン用アプリケーションです。

名刺をスマートフォンのカメラで撮影すると、自動的にMOT CLOUDにアップロードされます。

アップロードされたデータは、これまた自動的に文字データに変換されます。

変換された名刺データはスマートフォンで確認することができますので、必要な名刺を一枚一枚持ち歩く必要もありません。

MOT名刺の特徴

MOT名刺を使うと、名刺の情報を一枚ずつ手で入力する必要がなくなります。

日常的にたくさんの名刺を受け取るような人にとっては、それらの手間がなくなるだけで、大幅な負担の軽減となります。

また、アップロードされた名刺データは、組織内で共有できますので、一人の情報がみんなのものとなります。

MOTPHONE

MOT PHONEと同じように、スマートフォンを内線に変えてしまうサービスがほかにもあります。

ここでは、その中から、3つのサービスを紹介します。

NTTのCrossway

スマートフォンを会社のビジネスフォントして使えるサービスとして、NTTが提供するものに「Crossway」があります。

スマートフォン同士を内線として通話料無料で利用できます。

スマートフォンと会社の固定電話間の内線ができます。

この場合も通話料は無料です。

スマートフォンから会社の外線番号を使って外線をかけられますが、通話料がかかります。

MOT PHONEでスマートフォンを内線として使うには、MOT/PBXを既存PBXと置き換える必要があるのに対して、Crosswayは既存のPBXに接続するだけでスマートフォンの内線化が可能です。

ビジネスフォンでスマホを内線化するαNXⅡ Plus

スマートフォンの内線化に対応したビジネスフォンとして、NTTのαNXⅡ Plusがあります。

スマートフォンからαNXⅡ Plusに内線を掛けられます。

この際の通話料は無料になります。

スマートフォンを外線として利用する場合には、「ひかり電話」の通話料3分8円(税抜き)がかかります。

MOT PHONEがビジネスフォンを必要としないのに対して、αNXⅡ Plusはビジネスフォンの機能の一つとしてスマートフォンの内線化を実現しています。

NECのUNIVERGE

NECが提供するUNIVERGEは、スマートフォンを内線化するサービスです。

外出先でも社内でも、スマートフォンを内線として利用できます。

スマートフォンでパケット定額サービスに加入すれば、通話料を気にせずに通話ができます。

外線での利用でもパケット通信を行いますから、別途の通話料が発生することはありません。

MOT PHONEでスマートフォンの内線化をするには、MOT/PBXを今あるPBXと置き換えなければいけませんが、NECのUNIVERGEはクラウドサービスの一環としてスマートフォンの内線化サービスを提供しています。